[上原ひろみ]BlueNoteTokyoライブ!

DSC_0003

サイモン側の席おすすめ!
ひろみちゃんのピアノよりも大きいドラムセットから放たれる強烈な衝撃波が味わえます。ひろみちゃん側席人気だけど、迫力ならサイモン側がぐわっとくるー

新しいアルバム!!
新春、新曲祭りだった今回のライブ。世界随一のひろみファンの皆さんも、聞きなれない新曲はいわゆるブレイクでの拍手どころがわからず・・・。ひろみちゃん、Moveを超える難しい曲って言ってたけど、素人には何が難しいのか分からない・・・。なんていうか、適当に落書きしているんだけど、遠くから見たら形のある絵が浮かびあがるアートのような、そんな曲だった。とにかく、今回も楽しいアルバムになっていそう。
さて、今のトリオでは「Voice」「Move」とタイトルがシンプルなキーワードになっていますが、次は一体!!

[上原ひろみ]ファースト・ファイヴ・イヤーズ

240
デビューから10年

デビューしてからもう10年経つんですね。僕がひろみちゃんファンになったのはSpiralの時なので2005年だったのですが、もうあの時の品川ステラボールからそんなに経つなんで・・・。
当時は、常に黒装束という奇抜な衣装でしたね。インパクトばっちりでした。

タイトル(英名):FIRST FIVE YEARS

曲目タイトル:

[Disc1]
『アナザー・マインド』/CD
アーティスト:上原ひろみ(p)
[Disc2]
『ブレイン』/CD
アーティスト:上原ひろみ(p)
[Disc3]
『スパイラル』/CD
アーティスト:上原ひろみ(p)
[Disc4]
『タイム・コントロール』/CD
アーティスト:上原ひろみ(p)
[Disc5]
『ビヨンド・スタンダード』/CD
アーティスト:上原ひろみ(p)
[Disc6]
『ファースト・ファイヴ・イヤーズ』/DVD
アーティスト:上原ひろみ(p)

そんな10年のうちの5年間にリリースした5枚のアルバムを収めたCD-BOXが2013年11月20日にリリースされるようです。
ベストではなくフルなので、それなりのお値段ですが、「サマーレインの彼方」を書かれた神舘 和典さんによるロングインタビューなどが収められるようです。
「ファースト」とつくところから、後の5年間の「セカンド」があるのでしょうか。

ひろみちゃんの動きがわからなくて寂しい
最近、ひろみちゃんのブログの更新がなく、ひろみちゃんの動きがわからなくて寂しい。
もうこの時期に告知がないということは、毎年恒例の年末日本ツアーはない・・・。予定では11月からヨーロッパのNight of The Promsという超ロングツアーを決行するらしい。
この時にひろみちゃんの元気な姿が確認できればいいな。

その次は2014年の1,2月のスケジュールが空いているので、もしかしたらこの時に日本に来てくれるかもしれない。

調律師の小沼さん
いつもひろみちゃんのピアノを調律していた小沼則仁さんが今年3月に亡くなりました。僕も最近になって知ったのですが、すごくショックでした。

早くひろみちゃんの笑顔に会いたいなー

[上原ひろみ]Female jazz acts are the real Cool Japan – The Japan Times

久々、ひろみちゃん日記。

女性Jazzアーティストこそクールジャパンである
TheJapanTimesの記事にひろみちゃんの事が書かれています。「Female jazz acts are the real Cool Japan」と題した記事で、先日ブルーノート東京で行われた秋吉敏子さんのライブを見た記者が書かれたそうです。

Female jazz acts are the real Cool Japan – TheJapanTimes
http://www.japantimes.co.jp/culture/2013/05/09/music/female-jazz-acts-are-the-real-cool-japan/#.UYz1yasqyc2

投稿者を見ると外国の方でしょうか。クールジャパンって日本政府が海外向けに行なっている日本の文化などを輸出しようという政策ですね。この記事では日本政府は何故女性Jazzアーティスを売り込まないのか?と疑問を投げかけているようです。
記事内には、日本には世界に誇れる女性Jazzアーティストとして、先駆者である秋吉敏子、上原ひろみ、森田真奈美、桑原あい、寺久保エレナ、矢野沙織を挙げています。

記事ではこれらのアーティストを称賛し、日本政府はクール・ジャパンとして売り込むべきだ!!と言っているようです(たぶん)。AKB48やきゃりーぱみゅぱみゅなど、どうしてもメディアの露出度が高いアーティストに目がいきがちですが、是非、JAZZアーティストにも目を向けて貰いたいですね。
img_news (1)
4e9d2197600d0
morita
①1
e7177b72d10c0c4ab66a24d84e439ea3-359x239
301

[雑記]上原ひろみちゃんにWONDER AIRPORTに出て欲しかった。

g-wonderairport
BS日テレ系 世界探訪!空港物語 WONDERAIRPORT
司会はこの二人!
ol_02

この番組は世界中の空港の楽しみ方や、航空会社のサービスなどを探る番組ですが、残念ながら終わってしまったようです。

さて、司会のこのお二人、上原ひろみちゃんととっても仲の良い方たち。清水ミチコさんは言わずと知れた仲であるし、八嶋智人さんもひろみちゃんと親しい仲ですね。八嶋智人さんは初共演はたぶんNHKの英語の番組。それから何回か共演したことがあるはず。ひろみちゃんが笑っていいともに出た時には紹介してましたしね。ツイッターでも度々ひろみちゃんの話題が出ることがあります。Haze聞いて泣いたとか。

会社を興せるくらい世界の空港に詳しいひろみちゃん。
年間様々な国でライブをしている上原ひろみ。海外の事務所に属しているものの、現地での移動手段や宿泊先の手配も自分でやっています。そんなひろみちゃんの苦手なものは飛行機!が、しかし、おのずと空港や移動手段に詳しくなってしまい、本人曰く会社が興せるほどのこと。

是非、この番組にゲスト出演して欲しかった!!
飛行機ネタには事欠かないひろみちゃん。短時間で超多忙な移動をこなすため、移動中に顔がにやついてしまったり、知らない人に武勇伝の様に話し始めて呆れられるほど。そしてこの番組で仲の良いお二人との共演を是非見たかった!!あー、スペシャルでもいいからやらないかなぁー。

[上原ひろみ]Solo@BlueNoteToKyo 2日目2nd!

開場2時間前で60番台。
19:40の開場でしたが、2時間前に整理券取りに行って60番台。完全にのろまりました。あーブルーノートはもう何回も行ってるのにー。

食事のオーダーはOneNightSpecial + オリーブがいつもの定番です。この日のOneNightSpecialはひろみちゃん考案の「春爛漫」。ライブのMCでもちゃっかり宣伝していました。

proxy

とりあえずセトリ。
1.トムとジェリー(Another Mind)
2.シュー・ア・ラ・クレーム / Choux a la creme(PlaceToBe)
3.マイ・フェイヴァリット・シングス(Beyond Standard)
4.古城、川のほとり、深い森の中(Spiral)
5.Haze(Voice)
6.ラプソディ イン ブルー(アルバム収録なし)
Ec.タイム・アウト(Time Control)

間違ってるかもしれないですが、後日、BlueNoteTokyoのホームページに正式なものが掲示されると思います。

PlaceToBeのソロライブよりもアグレッシブに感じた!
PlaceToBeの時と違うのは普段はバンドでやる曲をソロでやっているところ。ドラムやベース、そしてオーケストラまでもピアノ1台で表現するというのだからアグレッシブな演奏に!ラプソディインブルーはタップダンサーの熊谷和徳さんとの共演が強烈に耳に残っていて、心臓が飛び出そうなくらいドキがムネムネしました。熊谷さんのタップ音が響き渡っているようでしたね。
当然お客さんもノリノリ♪東京のお客さんはよくわかってらっしゃる人が多い。

トリオとソロ。
トリオのライブはベースとドラムが加わるので、ライブの迫力はソロよりも大きいです。ソロの場合はひろみちゃんは1人、そしてピアノだけ。でも、トリオのライブに負けるといったらそんなことないんです。ひろみちゃんが頼れるのはピアノだけ、観客が聞くのはひろみちゃんの演奏だけ。ピアノ1つの音に集中できるソロならではのいわば「特典」のようなものが味わえます。ひろみちゃんサイコー♪

2013-03-23 19.35.38

[上原ひろみ]上原ひろみ 米JAZZ雑誌「ダウンビート」表紙を飾る。

f51356a3053c7c

musicman-net.com 上原ひろみ、日本人では秋吉敏子以来33年ぶり2人目の米ジャズ雑誌「ダウンビート」表紙に
http://www.musicman-net.com/artist/24237.html

ひろみちゃんが日本人としては33年ぶりに米JAZZ雑誌ダウンビートの表紙を飾ったようです。
記事にあるようにダウンビートが行った第60回批評家投票でひろみちゃんがRising Star Keyboard部門で1位を獲得したのは知っていました。
今回はキーボード部門でしたが、いつかはPiano部門で1位を獲って欲しいですね♪

3351097655_c0124393aa gigil_L

ああ、なかなかキーボードを弾いている写真が見当たらない~♫
TimeControl,BeyondStandardのときは今よりもいっぱい弾いていましたね♪

[上原ひろみ]先輩ROCKYOU心ゆさぶれ 矢野顕子X清水ミチコ回。

矢野顕子さん、清水ミチコさん。
2/9の日テレ系先輩ROCKYOUは矢野顕子さんと清水ミチコさんがゲストでした。以前ひろみちゃんも出演したことのある番組。今回のゲストの2人はひろみちゃんと交友深い御二人ですね。

矢野さんが歌うのをイメージして書いたというひろみちゃん作曲の「Green Tea Farm」。
数年前の東京JAZZで二人で出たときがあって、GreenTeaFarmの演奏になったとき、矢野さんが歌詞を忘れてやり直すっていうシーンがありました(笑)。でも忘れられないのが、ひろみちゃんが伴奏しながら涙ぐんでいたシーンですね。あれは本当に幸せそうでした。
今ではこの御二人はライブをやったり、アルバムをリリースしたり、プライベートで食事したり、すごく仲の良い友達のようです♪

清水ミチコさんは矢野さん繋がりでひろみちゃんと交友がありますね。矢野さんのことが本当に好きなようで、普段はちょっとおちゃらけたイメージがありますが、初めて共演したとき、感動からか影で涙を拭っていたのをテレビでやっていました。清水ミチコさん宅には防音仕様の部屋にピアノが置いてあり、ひろみちゃんが弾きにくるそうです。そういえば清水ミチコさんのラジオでひろみちゃんがゲストで出演したとき、清水さんに当時流行していた楽しんごのドドスコスコスコラブ注入~を無理やりやらされていました、さすがです!

今回の番組には案の定ひろみちゃんの話題がちょっと上がりました。
このお二人のブログやtwitterに、たまにひろみちゃんが登場したりするので、要チェックですね♪

A9hOfebCUAAVWQE