[悲報][上原ひろみ]FUJI ROCK FESTIVAL’13  上原ひろみ 今年は出演しない模様。

FUJI ROCK FESTIVAL’12 でのひろみちゃんトリオのパフォーマンスはオレンジコート史に残るくらいの盛り上がりだったのではないでしょうか。
僕は最前線で見ていましたよ、ええ。一つ前のアーティストがやっているあたりから陣取って、ひろみちゃんのパフォーマンスが終わるまで4時間くらい同じところに立ちっぱなし!!
後ろにピタッと女の子がくっついていて、もうトイレに行こうならば、すぐ場所取られちゃう感じだったなぁww

さて、FUJI ROCKFESTIVAL’13の開催が決まったようですが、ひろみちゃんのスケジュールも決まっているようですので、残念ながら今年の出演は無い模様です。

FUJI ROCKFESTIVAL’13
期 間:  2013年7月26日(金)27日(土)28日(日)
会 場:  新潟県 湯沢町 苗場スキー場
チケット:  発売時期により、入場券の料金が異なります。

ひろみちゃんはヨーロッパにいる模様。
July 27, 2013
Festival Des Nuits (Hiromi:The Trio Project)
Les Beziers, France

July 28, 2013
San Sebastian Jazz Festival (Hiromi:The Trio Project)
San Sebastian, Spain

pre_launch_top

[上原ひろみ]STEVE SMITH and VITAL INFORMATION

スティーヴ・スミスといえば、HIROMI TRIO THE PROJECTのメンバーなんですね。ドラムのサイモン・フィリップスの代役を多く務める方であります。

ひろみちゃんやベースのアンソニー・ジャクソンはTwitterをやっていないのですが、スティーヴ・スミスはTwitterやっていたりします。

https://twitter.com/stevesmithdrums

たまーに、ひろみちゃんが写っている写真とか載せていたりしているので要チェックですね。

そんな、スティーヴ・スミスさんが東京丸の内のコットンクラブでライブがあるそうです。

COTTON CLUB 2013. 1.31.thu – 2.3.sun STEVE SMITH and VITAL INFORMATION
http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artist/steve-smith/#d_class
Img20130130180924

また、2/2にはドラムクリニックを行うそうです。サイモン・フィリップスも以前やってましたね。
d_class

[雑記]上原ひろみのBlueNote公演取れず→取れた(^O^)/

BlueNoteTokyoの25周年記念としてのひろみちゃんのソロライブ取れなかった(^O^)/

電話すればよかったかなぁ~、ネット予約は以前と画面レイアウト変わったみたいだけど、何度やっても「不正な操作が行われた可能性がございます。」ばっかり。
文字とか「null」とか、酷いのがアーティストの写真が最初、玉置浩二www
ブラウザをリロードする度に予約状況がころころ変わったりして、あーこれバグってんなって2時間くらいしてやっとわかったorz。たぶん、もう完売なのに予約とろうとしてるから不正って言われるんだろうね(´・ω・`)
ブルーノートのサーバがパンクするくらいアクセスが集中しているのだろうけど。予約状況確認のページとかメンテナンス中とかになってたし。やっぱ、ひろみちゃんの人気おそロシア~、特に東京。

ブルーノートは僕が一度すごいヘマをした時、とても親切な対応をしてくれて、すごく好きなクラブなのだけど、この予約システムなんとかしてください(切実)

201947443

(追記)——————————–

自由席1枚とれました!!やたーー!しゃっ!!

[上原ひろみ]アルバム「Move」の海外向けプロモーションサイト。

マニア必見!ひろみちゃんの超高解像度画像が手に入るのはここだけ!

アルバム「Voice」の時もそうでしたが、concordmusicgruopのアルバム「Move」ページでは、ジャケット写真などの超高解像度写真が手に入ります。
Img20130122235923

見たことない写真があるー♪
もうわたしゃ (*´д`*)ハァハァもんですな。

http://mediakits.concordmusicgroup.com/p/move/index.html

[上原ひろみ]BRUTUS特別編集 ラーメン、そば、うどん。

BRUTUS特別編集 ラーメン、そば、うどん。に上原ひろみちゃんのコメントが載っています。

ひろみちゃんのコメント載せるなんて、よく分かっていますな、BRUTUSさん。

うわー、僕のおすすめの新宿のうどん屋さん「慎」もちょろっと載ってる。

[上原ひろみ]Move Japan Tour 2012 東京公演。

Move Japan Tour 2012 東京公演 12/8,9 @東京国際フォーラム参戦してきました。

やっぱりひろみちゃんはすごいなって思わせてくれるライブでした。

もう何回もライブを見に行っていますが、毎回感動してしまうのは、やっぱりすごいなと思います。
正直言うと、ライブ中他の事を考えてしまったり、心地良さから眠くなったりすることもあります。でも、そんなことを忘れるくらい集中して聞き入る場面が突然やってきます。もうそこからは、あー終わらなければいいのになぁと思って聞いていました。
東京公演は大阪2日やって連続4日。メンバーのあれだけのエネルギーはどこから来るのでしょう。ひろみちゃんはライブ中こめかみの辺りが痛くなるってインタビューで言っていました。そんなちょっと辛そうな表情が見て取れたのですが、HPが僅かの時に発動する敵に一撃を与えるクリティカルスキルのようなものを放っていました。

Suite Escapismは楽しみにし過ぎて自分の心臓の音が聞こえてくるぐらいドキがムネムネしました。ちょっとサイモンのソロパートが少ない気がしました。ダンサンド・ノ・パライーゾのドラムパートは盛り上がりますしね。

1日目のソロ曲はHazeでした。少ししんみりしてしまう曲ですが、とても綺麗な曲です。2日目はPlaceToBe。なんとなく最後だから予想はつきました。お客さんも一切掛け声を掛けない、無音もまた音だなぁって感じさせる曲。

2日目のアンコールの最後にはひろみちゃんが尊敬する調律師の小沼さんが登場。車椅子に乗っているのはちょっと心配ですね。

最後の曲は11.49PM。11.49PMの最後のチャイムは「あ~終わっちゃうんだなぁ」って感じさせます。壮大なストーリーが終わった感じ。今回のツアーは改めてすごいなぁって思いました。正直言えばお客さんの拍手でリズムをとったりとか、「楽しい要素」がもっとあっても良かったと思います。今回、変拍子多すぎるので、難しいかもしれないけど。。。

次はいつでしょうか。次は夏かなぁ。長いなー。

余韻の楽しみ方。

今回のツアーはなかなか興味深いセットリストでした。僕はセットリストをネットから探してきて、セットリストと同じ曲のMP3ファイルを結合して1つのファイルにして、ライブを思い出しながらニヤニヤしています。

MP3の結合

1.DOSプロントを実行します。
2.MP3ファイルがあるディレクトリに移動します。

cd /d D:\Mp3

3.copyコマンドで結合します。

copy /b 01.mp3+02.mp3+03.mp3 newaudio.mp3

[上原ひろみ]上原ひろみちゃんのうんちくを語ってみた。

大の上原ひろみ好きの僕がひろみちゃんのすごいところとかうんちくを語ってみた。

12歳から今の道を決めていた。
12歳からプロのピアニストになることを決めていました。

日本の大学は普通の大学へ進学した。
日本では法政大学へ進み、中退してアメリカのバークリー音楽大学へ入学しました。

大学(バークリー音楽大学)での専攻は作曲科。
大学ではピアノを弾くことに専念していませんでした。これはピアノの演奏についての技術は自分でカバーできるからとのこと。

ジャンルやカテゴリーにこだわらない。
JAZZピアニストと言われていますが、演奏を聞くと喫茶店で聞くようなJAZZではなかったり、プログレシップとか言われたりします。ひろみちゃんとしては、そういう枠組みへの意識はないそうです。

ライブで演奏するのは自分で書いた曲。
ライブで演奏する曲はほぼ自分で書いた曲です。譜面は自分で全て書いているようです。

オーケストラの曲も書ける。
ひろみちゃんはYAMAHAの音楽教室に通っていたので、幼少時代はクラシックから入っています。大学時代にはオーケストラで使用される楽器の譜面も書いたことがあるようなので、プロになってからも何回かオーケストラと共演しています。

キーボードも天才的。
ピアニストとして名を馳せていますが、キーボード(シンセサイザー)のテクニックもすごいです。相棒のノードリード君はグランドピアノの上に載せてありますね。一時期、ピアノ+シンセ3つって時もありました。ひろみちゃんいわく、ギターの変幻自在な音に憧れてやってみたくなったそうです。

ライブスケジュールの管理や現地での交渉も自分でやる。
これは知っている人も多いと思いますが、飛行機のチケットやホテルの手配も自分でやっているようです。これだけ有名になったにも関わらず、信じられないですね。海外では当然トラブルはつきもので、飛行機が遅れたり、現地に行ったら楽器がなかったり、などなど、数多くのトラブルを経験してきています。日本では信じられないようなことを経験しているので、とても強いハートの持ち主です。

ラーメン好き。
これはファンの間では周知の通りです。ブログを見ると、その90%がラーメン屋に行った時の写真が載っています(嘘)

食べることが好き。
ラーメンも好きですが、食べ物の写真はブログによく載っています。ライブ前の食事はパスタを食べることが多いのだそうです。ちなみに、そんなひろみちゃんが苦手なものはアボカドとウニだそうです。

ピアニストは花嫁。
2007年にデザイナーのミハラヤスヒロさんと結婚されました。これはミハラさんのファッションショーで共演したのがきっかけです。今でもミハラさんのファッションショーとかで弾くことがあります。そんな、ひろみちゃんの結婚式は、丸の内のコットンクラブで行われました。ひろみちゃんはウェイディングドレス姿でピアノを弾いたそうです。

ここからはちょっと考察的な。

趣味は結構多彩だと思う。
落語をiPodに入れて聞いたりしています。爆笑問題の漫才も知っていたり、日本にいるときは日本のテレビを見たりしているようです。また、20世紀少年の漫画も読んでいて、大阪でライブをしたときは万博公園の前でともだちのポーズをとっていたりしています。あと、古い音源にはバークリー音楽学校時代の友達とファイナルファンタジー7のサントラを弾いたりしています。

ひろみちゃんは天然か。
MCを聞いていると、あーこの人天然かも!?と思った人は少なくないと思います。ただ、自分のバンドではリーダーであることを自覚しているし、ライブのスケジュールも管理しているし、とてもしっかりした印象があるのも事実。でも、タップダンサーの熊谷和徳さんいわく本人に天然と言うと怒るのだそうです。

昔のひろみちゃんは何かが違う。
情熱大陸のビデオを見ると、今のひろみちゃんとはとても印象が違います。デビュー後の一生懸命な姿とちょっと尖っているところが、何か今のひろみちゃんへと繋がったんだなーって思いますね。

英語を喋っている時は何かが違う。
要は、天然に見えない。

アメリカのジョージア州とグルジアを間違える。
アメリカのジョージア(GEORGIA)州とグルジア(GEORGIA)は同じ綴り。最初、ジョージア州でのライブのオファーだと思ってOKしたら、実はグルジア(ロシアの下の国)だったっていう話。これは、ボケをかまさなくても間違えるかもしれませんが、でも、この時の経験は強く印象に残っているようです。

日本のJAZZクラブに神出鬼没。
ひろみウォッチャーの僕の元にはいろいろな情報が届けられるのですが、よく目にするのは日本のJAZZクラブ(というか、ピアノが弾けるお店)に神出鬼没したりしています。突然「ピアノが弾けますか?」と電話がかかってきて、旦那さんと現れて弾きにくるそうです。日本での住まいは東京都内なようですので、都内が多いと思いますが、実家のある静岡のお店でも行くそうな。幸運なお店の方がブログで紹介していたりするのを結構見かけます。

実は、すごい人。
よく17歳の時にチックコリアと共演した、っていう紹介があったりしますが、あまりよい紹介とは僕は思いません。それは、この人天才だーっていう印象を強くしたいだけな気がします。チックとはアルバムを出したし、武道館でも一緒に演っているし、そっちを紹介すべきだと思う。ひろみちゃんが天才なのは事実だと思いますが、でもそれは練習に練習を重ねた成果だと思うんです。ひろみちゃんはあまり賞などにこだわりません。演奏することにかけています。その成果が今伴っているんだと思います。
アメリカのJAZZ界は日本よりもスケールや注目度が違います。ひろみちゃんは若くしてそのアメリカ(強いては世界)のジャズメンたちと共演しているっていうことがどれだけすごいことかー。

よく変態って言われている。
雑誌でインタビュアーの方に「変態」って言われることがあります。これは、ピアノが好きすぎてという意味での変態です。本人いわくちょっと犯罪的な・・・と言って嫌がっていますが、最後は納得しています。

もう2014年のスケジュールが入っている。
今は2012年ですので、2年先くらいまでのオファーが来ているということだと思います。これはひょっとしたら珍しいことではないと思うのですが、、、結婚しているし、家庭に入るというかそういう守りには入らない(というか、ピアノ弾きたい)っていうところなのでしょう。ただ、ファンとしては、ひろみ2世を見たい!!ひろみちゃんとしても、先のことは分からないと言っているので、突然ママになっているかもしれないですね。

ライブでの好きなシーン。
ライブでのラストは拍手の中、メンバーと肩を組んでお辞儀をします。ソロの時も、最後にピアノに手をあてながらお辞儀するんです。この時ひろみちゃんはピアノをメンバーとして一緒に肩を組んでるんだと思います。僕はこのシーンがたまらなく好きです。

ひろみちゃんの音楽について。
これは、いろいろな意見があると思います。あれはJAZZではない、とか、弾き方が激しすぎる、とか、弾き方を子供が真似する、日本人はみんなああやって弾くのか?、とか。ひろみちゃんは、音楽には好き嫌いがある、とか、一緒に共感できる人を世界中飛び回って探している、と言っています。これは、自分の音楽に批判的な意見があるというのをわかっているからだと思います。でも、仮に聞きに来てくれる人が1人だったとしてもひろみちゃんは喜んで演奏すると思います。

血液型。
ひろみちゃんはO型なんですねー。

[上原ひろみ]Move Japan Tour 2012 高崎公演。

行ってきました。上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト Move Japana Tour 2012 高崎公演。ひろみちゃんの高崎音楽祭に出演は2回目。前回は2007年のHiromi’s Sonicbloomの時でした。そのときひろみちゃんのMCは高崎の印象が出身地の浜松みたいって言っていたのを覚えています。

とにかく最高でした。その一言につきます。お客さんののりもよかったなぁ、年々思うことだけど、聞くほうのテンションが確実に熱くなっている!!今回のMoveはけっこうきめきめのりのりの曲が多いからかもしれないけど。すばらしかった。
ひろみちゃんのMCは、「高崎駅についたとき、駅前にも音楽祭のステージがあって街全体で音楽祭をやるのはすばらしいと思う」「前回出演したときに青のだるまをもらったけど、顔色が悪いのかなぁって思った。まただるまを持ち帰りたい」など、高崎のことについてふれていたのがよかったです。今回はちょっとMC少なめだったけど、曲に集中できたって感じでした。

最新アルバムMoveと前回のVoiceの曲をミックスしたセットリストでした。席がひろみちゃんの手元がよく見える席だったので、もうガン見。ひたすらガン見。やっぱりすげーなぁ、とか、頭おかしい、とか、人間じゃないとか、あーFFのボス戦のBGMきたー、とか、頭の中を駆け巡りました。

個人的に楽しみだったのが、Suite Escapismの組曲。ひろみちゃんの曲では組曲があったりしますが、この曲も全部で約30分という長い曲。1曲目のRealityは激しく、2曲目はFantasyはスローな感じ、そして3曲のIn Between でまた超絶テンション高い曲。この緩急のジェットコースターに乗っている感ったらなかった。2曲目以外に、For文のbreakがないんです。だから、ソロパートが終わったときの拍手ができないんです。もうなんていうか曲中に拍手する感じ。最高に気持ちよかったし、客席全体がのめりこんでいる感じがとても良かった。やったぜー群馬県民。もうグンマーなんて言わせない。

ひろみちゃんのソロはPlace to be。久々に聞きました。最近のひろみちゃんの傾向ですが、特にソロ曲はイントロを聞いただけでは何の曲か分かりません。Place to beはインプロのパートが少ないメロディな曲。ひろみちゃんってダイナミックな感じだけど、実はとてもスタティックな演奏もひとつの特徴。

アンコールは11:49PM。この曲はフジロックのときにも聞きました。フジロックの最前列で聞いていたとき、ちょっと客席から高いステージを上からライトが光の筋で照らしていて、神々しく思えた曲。最後のちょっとスローテンポなところのメロディがほんとにぐっとくる曲。Moveと11:49PMはほんとに最初と最後って感じがするなぁ。

次は、東京国際フォーラム。わーい♪