[Webアプリ]WebSocketとGoogleMapsでリアルタイム監視マップを作る。その3。

リアルタイム監視マップ作成続き。ブラウザで操作編。

やりたいこと。
・全国の拠点(工場や事務所)で発生したイベント(警報、警告など)をWebSocketとGoogleMapsを使ってリアルタイム監視したい。
・重大な警告が発生したら発生場所を示すマーカーを点滅表示させたい。
・重大な警告が発生したら警告音を鳴らしたい。尚、警告状態が収束したら警告音を止めること。
・デバッグ用にブラウザからイベントを送信できるようにしたい。←NEW

ブラウザからイベントを発生させる。
JavaScriptでJSON文字列を作成し、監視マップに反映させてみます。

実行画面(音出ます)

今回作成したソースはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.