[Linux]RedHatのインストールDVDをyumリポジトリとして使用する。ローカルリポジトリ化編。

ローカルリポジトリ化
テスト環境の構築等でRedHatEnterprseLinux(RHEL)を評価として使用している時など、RHEL公式のリポジトリは使用できないので、インストールDVDをyumリポジトリ化します。

/mnt/dvdがRHELのインストールメディアがマウントされているとして、、、

1.元のリポジトリはコメントアウトしておく

#cd /etc/yum.repo.d
#mv redhat.repo redhat.repo.org 

2.RHELのインストールメディアをリポジトリとして指定する
viなどで次のようなファイルを作成します。

/etc/yum.repos.d/rhel-dvd.repo
———————————-
[rehl-dvd]
baseurl=file:///mnt/dvd
enabled=1
gpgcheck=0
———————————-

3.確認
yum list と打ってパッケージ名が表示されればOK.

///念のための確認
yum clean all と打ってから、yum listを打ってパッケージ名が表示されればOK.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.