[PC]VMware Player 5が使いにくい件。

Linux環境を使用したい時、VMwarePlayerを愛用しているのですが、最新のバージョン5が何分使いにくい。

使いにくいところ。
・ゲストOSの起動が遅い。画面が真っ暗ですすむ気配なし。
・ubuntu12などの最新のディストリビューションで自動インストールしてくれるが、ハード構成のカスタマイズをうっかりわすれちゃったりする。
・LinuxにやたらにVMware Toolsを入れたがる。そしてVMware Toolsのインストールに失敗する。

特に、ゲストOSの起動が遅いのと、OSインストールの自動化はちょっとイラッときます。
Windows8をゲストOSにする場合はバージョン5でないとダメなようですが、普通にLinuxの環境をさくっと作成したい場合は前のバージョンのほうが使いやすかったりします。
そこで、VMwareのダウンロードページでは前のバージョンもダウンロードできたりしますので、そっちを使いましょう。

https://my.vmware.com/web/vmware/downloads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.