[Linux]RedHatのインストールDVDをyumリポジトリとして使用する。リポジトリサーバ化編。

リポジトリを1台に集約!!
RHELに閉じた環境かつ、複数台サーバがあるならば1台をリポジトリサーバ化してしまいます。

やり方は実に簡単。

★リポジトリサーバの設定
1.Apacheの導入
リポジトリサーバはRHELのインストールメディアをこのやり方からローカルで参照できるようにしておきます。

Apacheのインストール

#yum install -y httpd

httpdの起動

#/etc/init.d/httpd start

httpdの自動起動有効化

#chkconfig httpd on

2.RHELインストールメディアのマウント、外部参照の設定

/mnt/dvdがRHELのインストールメディアのマウントポイントだとして、

#mount /dev/cdrom /mnt/dvd     ※環境に応じる

httpからアクセス可能な状態にする
アクセスurlを http://[ipアドレス]/rehl とします。

#ln -s /mnt/dvd /var/www/html/rhel

アクセスしてみてDVDのファイルが表示されればOK.
rhel-web

★他サーバの設定
1.yumコマンドでリポジトリサーバを参照できるように設定
次のようなrepoファイルを作成します。
/etc/yum.repos.d/rhel-web.repo
————————————
[rhel-web]
baseurl=http://[リポジトリサーバのIP]/rhel
enabled=1
gpgcheck=0
————————————

2.確認
yum listでリポジトリサーバが参照できていればOK.

[Linux]RedHatのインストールDVDをyumリポジトリとして使用する。ローカルリポジトリ化編。

ローカルリポジトリ化
テスト環境の構築等でRedHatEnterprseLinux(RHEL)を評価として使用している時など、RHEL公式のリポジトリは使用できないので、インストールDVDをyumリポジトリ化します。

/mnt/dvdがRHELのインストールメディアがマウントされているとして、、、

1.元のリポジトリはコメントアウトしておく

#cd /etc/yum.repo.d
#mv redhat.repo redhat.repo.org 

2.RHELのインストールメディアをリポジトリとして指定する
viなどで次のようなファイルを作成します。

/etc/yum.repos.d/rhel-dvd.repo
———————————-
[rehl-dvd]
baseurl=file:///mnt/dvd
enabled=1
gpgcheck=0
———————————-

3.確認
yum list と打ってパッケージ名が表示されればOK.

///念のための確認
yum clean all と打ってから、yum listを打ってパッケージ名が表示されればOK.

[PC]VMware Player 5でUbuntuを手動インストールする方法。

後でOSをインストールする。
VMWare Player5では特定のディストリビューションを自動インストールしてくれちゃいますが、言語設定などが日本語にならなかったり、VMWareToolsのインストールに失敗して終了したり、なにかと不便だったりします。
そこで、仮想マシン作成時に「後でOSをインストール」を選択することで、OSを手動でインストールすることができます。

◇新しい仮想マシンウィザード画面で”後でOSをインストール”を選択して作成。
Img20130322131626

◇仮想マシン設定の編集でインストールディスク(またはISOイメージ)を指定して起動する。

Img20130322131855

◇仮想マシンを起動するとOSの手動インストールが始まる。
Img20130322131918