[Tips]Windows7でredmineを使う。

Linuxでredmineのインストールに尽く失敗・・・。
プロジェクト管理ツールとして定番のredmineですが、最近のディストリビューション(ubuntu13.04,CentOS 5.9)にインストールしようとすると、尽く失敗しました。
ネット上には無数にやり方は載っていますが、redmineの動作に必要なパッケージのリポジトリがなかったり、rubyやらrailsやらのバージョンがどうーたらこーたらで、、、
しかし、一度だけubuntu server13.04版に何故か奇跡的にredmineを動かすことに成功したのですが、やり方を失念してしまいました。orz

Img20130529230621

自分のローカル環境に作成する。
仕事ではほぼWindowsを使用するし、Windows上のVMwarePlayerでやろうと思っていたのですが、PCの起動や終了時にVMwareを起動したり終了したりして大変なので、もういっそうのことWindowsに入れちゃえということで、redmineをWindows7上にインストールしてみました。

IPA(情報処理推進機構)が一括インストーラを公開している。
ふつうにredmineを入れてもいいのですが、IPAで一括インストーラを公開しているので、こちらを利用してみます。ちなみに、linux版のインストールは特定のパッケージがディストリビューションのリポジトリから無効になっているため、失敗しましたとさ。

IPA(情報処理推進機構) – 定量的プロジェクト管理ツール(EPM-X)
http://sec.ipa.go.jp/tool/ipf/

「定量的プロジェクト管理ツール」という名前で公開されていますが、どうやらプロジェクトの進捗具合や不具合の発生率などのデータをグラフ化するプラグインが標準でインストールされるそうです。

サンプルプロジェクトのグラフ作成ツール(定量的分析・診断メニュー)を動かしてみた図
Img20130529225733

ふつうに使う分には申し分なし。
普通にredmineとして使用するには問題ありません。各種バージョン管理システムが動作でき、リポジトリの作成も自動でしてくれるので便利ですね。

リポジトリの自動作成
Img20130529230415

[PC]VMware Player 5でUbuntuを手動インストールする方法。

後でOSをインストールする。
VMWare Player5では特定のディストリビューションを自動インストールしてくれちゃいますが、言語設定などが日本語にならなかったり、VMWareToolsのインストールに失敗して終了したり、なにかと不便だったりします。
そこで、仮想マシン作成時に「後でOSをインストール」を選択することで、OSを手動でインストールすることができます。

◇新しい仮想マシンウィザード画面で”後でOSをインストール”を選択して作成。
Img20130322131626

◇仮想マシン設定の編集でインストールディスク(またはISOイメージ)を指定して起動する。

Img20130322131855

◇仮想マシンを起動するとOSの手動インストールが始まる。
Img20130322131918

[PC]VMware Player 5が使いにくい件。

Linux環境を使用したい時、VMwarePlayerを愛用しているのですが、最新のバージョン5が何分使いにくい。

使いにくいところ。
・ゲストOSの起動が遅い。画面が真っ暗ですすむ気配なし。
・ubuntu12などの最新のディストリビューションで自動インストールしてくれるが、ハード構成のカスタマイズをうっかりわすれちゃったりする。
・LinuxにやたらにVMware Toolsを入れたがる。そしてVMware Toolsのインストールに失敗する。

特に、ゲストOSの起動が遅いのと、OSインストールの自動化はちょっとイラッときます。
Windows8をゲストOSにする場合はバージョン5でないとダメなようですが、普通にLinuxの環境をさくっと作成したい場合は前のバージョンのほうが使いやすかったりします。
そこで、VMwareのダウンロードページでは前のバージョンもダウンロードできたりしますので、そっちを使いましょう。

https://my.vmware.com/web/vmware/downloads

[PC]MSI 970A-G46と玄人志向 SATA2RI2-PCIEの組み合わせではまる。

MSI 970A-G46と玄人志向 SATA2RI2-PCIEの組み合わせにハマった時のメモ。

MSI 970A-G46に玄人志向 SATA2RI2-PCIEを挿して使用した時に、SATA Portの起動順番をM/B側の優先順位を高く設定しても拡張ボード側(SATA2RI2-PCIE)が優先されてしまう。これは不具合なのかなぁ。
SATA2RI2-PCIEをM/Bに挿している事自体は問題ないのだが、何かしらのデバイスがSATA Portに装着されているとおかしくなる。これではOSのインストールもできない。MSIは洒落たGUIのBIOS設定画面でこれがいけねんじゃね!?と思ってしまうわ。BIOSの設定ではM/B側の起動順番が上位なのに・・・。

しょうがないので玄人志向 SATA2RI2-PCIEは使用しないでいたところ、いじくり回しているうちに不注意でこのM/Bが壊れまして、GIGABYTE GA-990FXA-D3を新たに導入。ちなみに、このM/BとSATA2RI2-PCIEの組み合わせはOKだった。